治療で完治を目指そう|脊柱管狭窄症の手術と病院選び

医者

症状を早期に解決します

医者

需要が高まります

下肢の神経症状を起こす腰部の疾患として、以前までは腰椎椎間板ヘルニアが、多い傾向がありました。腰椎椎間板ヘルニアは、中年世代によく発症することが多くなります。これに対して、中年世代よりも高齢者の占める割合のほうが多いことが、現在の人口構成の特徴です。高齢者は、腰椎椎間板ヘルニアを発症することがありますが、発症率は減少してきます。しかし、高齢者というのは、中年世代では少ない変形性腰椎症などを起こしてきます。変形性腰椎症は、腰椎を支える靭帯の骨化や、骨棘の形成が起こる疾患です。靭帯の骨化や骨棘が形成されると、神経が通っている脊柱管が狭くなります。そのため、腰部脊柱管狭窄症の発症が、多くなってきています。今後は、更に高齢化が進みますので、腰部脊柱管狭窄症の治療の需要が、高まると予測されるのです。

内視鏡は効果が高いです

このように、需要が高まる腰部脊柱管狭窄症の治療の方法は、保存治療が基本です。医療機関での腰部脊柱管狭窄症の保存治療は、長い時間を要することが多くなります。しかし、長い時間を要することは、社会的なロスが多くなることも確かです。例えば、腰部脊柱管狭窄症では、間欠性跛行を呈することが一般的です。間欠性跛行は、短い距離であれば問題ありませんが、長い距離を続けて歩くことが出来なくなります。具体的には、10分までは歩けても、それ以上はいったん休息しなければならなくなるのです。こうした症状が続くことを、早期に解決する方法として、医療機関での手術治療を用いることが多くなっています。とくに、内視鏡による手術治療は、侵襲性が少ない割に効果が高いのです。

病院の探し方

woman

都筑区で内科を探す場合には、病院の検索サービスを利用するのがおススメです。病院の検索がスムーズになるほか、病気の治療に関する豊富なコンテンツが無料で利用できます。また医師や看護師の求人情報もあるため、患者さんだけではなく、医療従事者も気軽に利用できます。

この記事を読む

受診する際の選び方

room

行ったことが無い病院に行くのは不安が多いものですが、そういった場合は同じ症状で悩んでいる人や、気になる病院に行ったことがある人の口コミを参考にして選ぶ方法があります。ただし、良い口コミの病院でも必ず自分が納得した上で通うようにするのがおすすめです。

この記事を読む

子供向けの病院探し

hospital

伊丹で小児科を探す場合には、まずネット上の情報をチェックしていくのがオススメです。各病院の良し悪しを簡単にチェックしていくことができますし、その中でもとりわけ人気の高い病院、自分たちにより適した病院をピックアップしていくことも可能です。

この記事を読む

Copyright© 2015 治療で完治を目指そう|脊柱管狭窄症の手術と病院選びAll Rights Reserved.